マリオシリーズにハマッていた私

私は家庭用ゲーム機を何個も持っていました。セガサターンやプレステ、64やゲームキューブです。中でも一番多くのゲームソフトを購入したのはゲームキューブです。というのもセガサターンは古いゲーム機なため、最新のソフトが販売されておらず、そもそもソフト自体を売っている場所が少なかったのです。
プレステや64に関しても後継機が続々と出ていたため、ソフトの販売が少なくなっていったのです。その点ゲームキューブは当時の最新だったため、毎月のように何かしらのゲームソフトが販売されていました。
それゆえにゲームキューブのゲームソフトが一番多かったのです。
私がゲームキューブでハマッていたのはマリオ系のゲームです。マリオカートダブルダッシュやマリオパーティなどを遊んでいました。複数でプレイできるため、家族とよくプレイしていたのです。マリオカートダブルダッシュはやり始めた当初はなかなか勝てないことが多かったのですが、遊んでいくうちにゲームの腕も上達していき、勝つことも多くなってきました。そうなると楽しくなってきて、より夢中になり、毎日のようにプレイしていたのです。
家族だけでなく、コンピューターとの対戦もよく行っていたのですが、私の腕が上達したためか、よくデッドヒートを繰り広げていました。コンピューターを一番強い設定にしたほうが負けないぞという気持ちが強くなり、熱中してプレイすることができました。
ただレース中はずっと集中し続けているためか、一レース終わるたびに目が乾いて仕方ありませんでした。基本的にゲームしているときはまばたきをほとんどしないため、しぱしぱしてしまうのです。それほどゲームが大好きということになりますが、この集中力がゲーム以外では発揮されないのがちょっとなと思います。
マリオは私の大好きなキャラクターであるため、ダブルダッシュ以外にもサンシャインやペーパーマリオなどのソフトがありました。マリオパーティーに関しては新しいものが出るたびに購入していました。ゲームは本当に楽しいです。